スマイルメール

市民の声 詳細

該当分野 税金
タイトル (家屋)固定資産税(新築家屋)の減額について
問合せ内容 数年前に住宅を新築しましたが、今年度分から固定資産税が急に高くなったのはなぜですか?
回答内容 新築の住宅に対しては、一定の要件にあたるときは、新たに固定資産税が課税される年度から3年度分(長期優良住宅の場合は5年度分)に限り、固定資産税が2分の1に減額されます。今年度の固定資産税額が高くなったのは、この減額期間が終了したことにより、本来の税額になったためです。

※3階建以上の中高層耐火住宅等について、一定の要件にあたるときは、新たに固定資産税が課税される年度から5年度分(長期優良住宅の場合は7年度分)に限り、固定資産税が2分の1に減額されます。
担当部署 資産税課
連絡先電話番号 079-427-9168
関連ページ   
添付資料  

選択した分野から見つからない場合は、再度、分野一覧に戻って検索するか、キーワードからの検索をお試しください。

ウェルピー

この情報はお役に立ちましたか?
より良いホームページにするために、下部の投稿フォームより皆さまのご意見をお聞かせください。

分野一覧に戻る >>

この情報へのご意見をお寄せ下さい。

この情報は役に立ちましたか?



今月の受付・回答件数

受付件数:
191
回答件数:
142

各部署の業務内容ご案内

お問い合せの部署・事務局などの 業務内容をご覧いただけます。

秘書室 企画部
総務部 税務部
市民部 協働推進部
産業経済部 環境部
福祉部 こども部
建設部 都市計画部
会計室 上下水道局
消防本部 議会事務局
行政委員会 教育総務部
教育指導部 財団法人等

皆さまからのお声を受付フォームより送信ください。ご利用にあたっては、予め「市民の声受付サービスのご利用にあたって」もご覧下さい。

本サイトはプライバシー保護のため、SSLプロトコルの暗号化通信に対応しています。


ページのTOPへもどる

スマイルメール市民の声をみる(Q&A)お問い合せ先の部署をさがす市民の声受付フォーム
ご利用にあたってプライバシーポリシー

Copyright(C) Kakogawa City. All Rights Reserved.